投稿者: akira watanabe

超音波検査の前に「午後の紅茶ミルクティー」を飲むと膵臓癌(すいぞうがん)が発見しやすくなる

 超音波検査の前に「午後の紅茶ミルクティー」を飲むと膵臓癌(すいぞうがん)が発見しやすくなるという発表がされました。  ニュースでも取り上げられていましたが。これを聞いただけでは「どういうこと?」となりますね。  という…

全文を読む

「どちらにしようかな」地方によって違いすぎ問題 を大検証【かまいたちyoutube】

先日、非常に興味深い動画がYouTubeにアップされていました。  吉本興業所属のお笑いコンビ「かまいたち」のYouTubeチャンネルにて「【検証】かまいたちが「どちらにしようかな?」選び歌が地域によってどれだけ違うか検…

全文を読む

【無限の猿定理】無限の猿はシェイクスピアを書くか【生命の誕生】

 西洋文学における古典文学として最高峰ともいえる作品を生み出したシェイクスピア。その代表作には「ハムレット」「リア王」そして「ロミオとジュリエット」など数多くの名著があります。  本を読んではいなくとも、これらの作品につ…

全文を読む

意識が”ない”ことを確認するのは難しい:麻酔手術中に目覚めてしまった男の手記

 当ブログではたびたび哲学的には「意識が”ある”」ことを証明できないと言う話をしています。  例えば「哲学的ゾンビ」などがそうですね。たとえ自分には意識があると自覚していても他者にも同じようにその”意識がある”のかを確か…

全文を読む

【ジャムの実験】多すぎる選択は人を不自由にする【選択の科学】

 「自由」というのは多ければ多いほど良さそうに感じます。  手足を縛られて密室に閉じ込められているよりも大きな公園で走り回れることの方が”幸せ”であることはほぼほぼ間違い無いでしょう。  私たちは現在、一昔前に比べて(特…

全文を読む

【ピグマリオン効果】教師や上司の期待に生徒や部下の成績が左右される【教育心理学】

 「人は褒められてこそ成長する」と言う人もいますが、学校の教師が生徒に対して”期待”を示すとその生徒の成績が向上するという話があります。  教育心理学ではこれを「ピグマリオン効果」と言います。  厳しい社会情勢が続く昨今…

全文を読む

【マインドタイム】意識は脳活動の0.5秒後に発生すると言う科学的証拠【主観的な遡及】

 「意識とは何か」  当ブログでも度々取り上げている命題ですが、これに対して科学的に答えるのは非常に困難です。  ”意識”について科学的にどう扱うかを考えると、そもそも”意識”と言うものを客観的に観測できない(意識の存在…

全文を読む

100年以上切れない電球「センテニアルライトバルブ」と「ポイボス・カルテル」の闇

 最近の照明用電球はLEDになっているところも多いですが、まだまだ根強い需要のある「白熱電球」。  「白熱電球」の最大の弱点である寿命の短さや消費電力の多さもあって昨今の環境保全の観点から特に先進国では白熱電球の生産を止…

全文を読む

量子論の幕開け:「ヤングの実験」から「プランクの方程式」を経て「光量子論」の登場

 古典物理学の中でニュートンは光は粒子だと言い、ホイヘンスは光は波だと言いました。  その150年後にトーマス・ヤングが「ヤングの実験」において「光は波である」と実験的に証明したのですが、  マクスウェルやヘルツらによっ…

全文を読む

【目に見える光は波である】「ヤングの干渉実験」により明らかとなった光の波

 光は粒子なのか波なのか。今日では多くの人が聞いたことのある「量子力学」という分野で光は「粒子」と「波」の両方の性質を持つことがわかっています。  これがよく聞く「粒子と波動の二重性」というやつです。  そのため「光は粒…

全文を読む

エントロピーの増大をトランプのシャッフルやバネに置き換えるとわかりやすい【アルゴリズム的ランダム性】

 「エントロピー」という言葉は「乱雑さ」という表現に変えられることが度々ありますが「その”乱雑さ”ってのがワカンねぇんだよ!」と突っ込みたくなります。  「エントロピー(乱雑さ)」とは何かを説明しやすいのはトランプです。…

全文を読む

【仕組み解説】人類初の「自動販売機」「蒸気機関」「自動ドア」の発明は古代ローマ時代だった!

 人類初の偉業を成し遂げるというのはそう簡単なことではありません。だからこそそうした偉業を成し遂げた偉人たちは現代にまで名を残しその功績を讃えられています。  「自動販売機」「蒸気機関」「自動ドア」と言った今では科学の名…

全文を読む

電磁波の「周波数」と「波長」とは?反比例するその関係を波形で図解

  ラジオの音が聴きづらかったりスマホでネットをしていると回線が遅くなったり。そこれらの話になる「電波が悪い」なんて言いますね。「電波」と言うのは「電磁波」と呼ばれるエネルギーの波の一種です。  また同時に私たちが普段目…

全文を読む

「トロッコ問題」倫理観で命の重さを測ることは許されるのか?自動運転技術とAIの発展で問題が現実的になっている。

 命の重さを測ることはできるでしょうか。以前「魂の重さは21グラム?人の体は死と同時に軽くなるのか。」と言う記事で実際に魂の重さを測ろうとした科学者がいたことを紹介しましたが、今回は今この記事を読んでいるあなたに測っても…

全文を読む

【わかりやすいミーム論】ミームは文化の遺伝子?ミーム の正体は共有可能な情報そのもの!

 昨今たまに耳にする「ミーム」という言葉。普段インターネットをよく使う方なら「インターネットミーム」という言葉をよく目にするかもしれません。  ではその”ミーム”って一体何なんだ?  言葉の由来は社会生物学者のリチャード…

全文を読む

【量より質の読書法】読書が苦手でも本が読めるようになる7つのステップ

 本を読むのは好きですか?おそらくこの記事に来ていただいた方の多くは本を読むのが嫌いなわけではないと思うんです。そう、苦手なんですよね。  どうも読むのが遅い。1冊読み切る前に飽きちゃう。そもそも読みたい本が見つからない…

全文を読む

プラトン哲学の全景「線分の比喩」:イデアにたどり着くための方法

 「洞窟の比喩」に対して「線分の比喩」はあまり有名ではありませんが、プラトンのイデア論という思想を理解する上では大切な要素のひとつとなります。  そもそもイデア論とは何かを知りたい方はこちらの記事「イデア論:プラトンの「…

全文を読む

イデア論:プラトンの「洞窟の比喩」とソクラテスの「無知の知」そして実在論へ……

 哲学といえばイデア、イデアといえば哲学。そのくらいに一般的に知られる「イデア論」ですが、だからこそこれについて知っておくのは一般教養としても大切なのかもしれませんね。  さて、イデア論はかの有名なギリシャの哲学者プラト…

全文を読む

言葉の定義の難しさ「砂山のパラドクス」意味と意味の境界線

 いっぽんで〜もニンジン♪にほんで〜もサンダル♪一粒で〜も砂山?と、記事を書きながら頭なの中で歌ってしまっていたのでついつい書いちゃいました。  「砂山」と聞いてどのくらいの大きさの”砂山”を想像しましたでしょうか?想定…

全文を読む