カテゴリー: 科学・哲学

意識が”ない”ことを確認するのは難しい:麻酔手術中に目覚めてしまった男の手記

 当ブログではたびたび哲学的には「意識が”ある”」ことを証明できないと言う話をしています。  例えば「哲学的ゾンビ」などがそうですね。たとえ自分には意識があると自覚していても他者にも同じようにその”意識がある”のかを確か…

全文を読む

【ジャムの実験】多すぎる選択は人を不自由にする【選択の科学】

 「自由」というのは多ければ多いほど良さそうに感じます。  手足を縛られて密室に閉じ込められているよりも大きな公園で走り回れることの方が”幸せ”であることはほぼほぼ間違い無いでしょう。  私たちは現在、一昔前に比べて(特…

全文を読む

【ピグマリオン効果】教師や上司の期待に生徒や部下の成績が左右される【教育心理学】

 「人は褒められてこそ成長する」と言う人もいますが、学校の教師が生徒に対して”期待”を示すとその生徒の成績が向上するという話があります。  教育心理学ではこれを「ピグマリオン効果」と言います。  厳しい社会情勢が続く昨今…

全文を読む

【マインドタイム】意識は脳活動の0.5秒後に発生すると言う科学的証拠【主観的な遡及】

 「意識とは何か」  当ブログでも度々取り上げている命題ですが、これに対して科学的に答えるのは非常に困難です。  ”意識”について科学的にどう扱うかを考えると、そもそも”意識”と言うものを客観的に観測できない(意識の存在…

全文を読む



100年以上切れない電球「センテニアルライトバルブ」と「ポイボス・カルテル」の闇

 最近の照明用電球はLEDになっているところも多いですが、まだまだ根強い需要のある「白熱電球」。  「白熱電球」の最大の弱点である寿命の短さや消費電力の多さもあって昨今の環境保全の観点から特に先進国では白熱電球の生産を止…

全文を読む

量子論の幕開け:「ヤングの実験」から「プランクの方程式」を経て「光量子論」の登場

 古典物理学の中でニュートンは光は粒子だと言い、ホイヘンスは光は波だと言いました。  その150年後にトーマス・ヤングが「ヤングの実験」において「光は波である」と実験的に証明したのですが、  マクスウェルやヘルツらによっ…

全文を読む

【目に見える光は波である】「ヤングの干渉実験」により明らかとなった光の波

 光は粒子なのか波なのか。今日では多くの人が聞いたことのある「量子力学」という分野で光は「粒子」と「波」の両方の性質を持つことがわかっています。  これがよく聞く「粒子と波動の二重性」というやつです。  そのため「光は粒…

全文を読む

エントロピーの増大をトランプのシャッフルやバネに置き換えるとわかりやすい【アルゴリズム的ランダム性】

 「エントロピー」という言葉は「乱雑さ」という表現に変えられることが度々ありますが「その”乱雑さ”ってのがワカンねぇんだよ!」と突っ込みたくなります。  「エントロピー(乱雑さ)」とは何かを説明しやすいのはトランプです。…

全文を読む

【仕組み解説】人類初の「自動販売機」「蒸気機関」「自動ドア」の発明は古代ローマ時代だった!

 人類初の偉業を成し遂げるというのはそう簡単なことではありません。だからこそそうした偉業を成し遂げた偉人たちは現代にまで名を残しその功績を讃えられています。  「自動販売機」「蒸気機関」「自動ドア」と言った今では科学の名…

全文を読む



電磁波の「周波数」と「波長」とは?反比例するその関係を波形で図解

  ラジオの音が聴きづらかったりスマホでネットをしていると回線が遅くなったり。そこれらの話になる「電波が悪い」なんて言いますね。「電波」と言うのは「電磁波」と呼ばれるエネルギーの波の一種です。  また同時に私たちが普段目…

全文を読む

プラトン哲学の全景「線分の比喩」:イデアにたどり着くための方法

 「洞窟の比喩」に対して「線分の比喩」はあまり有名ではありませんが、プラトンのイデア論という思想を理解する上では大切な要素のひとつとなります。  そもそもイデア論とは何かを知りたい方はこちらの記事「イデア論:プラトンの「…

全文を読む

イデア論:プラトンの「洞窟の比喩」とソクラテスの「無知の知」そして実在論へ……

 哲学といえばイデア、イデアといえば哲学。そのくらいに一般的に知られる「イデア論」ですが、だからこそこれについて知っておくのは一般教養としても大切なのかもしれませんね。  さて、イデア論はかの有名なギリシャの哲学者プラト…

全文を読む

学研プラス【天体望遠鏡ウルトラムーン】開封組み立てレビュー

 学研プラスから発売された「天体望遠鏡ウルトラムーン」の組み立てレビュー記事です。キットの中身を紹介しながら望遠鏡にまつわるプチ情報もお届けできればと思います。  発売前からネットでも話題になっていたので手に入り辛いよう…

全文を読む



脱原発なるか!?次世代型火力発電「超臨界CO2サイクル火力発電システム」に期待

 私たちの生活が便利で豊かになっていくにつれ環境問題が大きく取り沙汰されて久しい昨今です。特によく聞く問題はCO2(二酸化炭素)の排出による地球温暖化問題ですね。CO2(二酸化炭素)自体が地球温暖化へ直接的にどの程度影響…

全文を読む

重力とは何か。そしてブラックホールが持つ「事象の地平面」とは。

 先日「ブラックホールには”事象の地平面”は存在しないかもしれない」と言う研究発表がなされました。が、そもそもこの「事象の地平面」と言うものが我々には一般的に聞き馴染みがありませんよね。そこで、今回は「事象の地平面」とは…

全文を読む

ものが大きく見えたり、小さく見えたりする:不思議の国のアリス症候群

 「不思議の国のアリス」と言えばディズニーアニメーションとしても有名なルイス・キャロルによる児童小説です。少女アリスがウサギを追いかけて行くと”不思議の国”に迷い込んでしまい、そこで不可思議なキャラクターたちと出会いなが…

全文を読む

内閣府「2050年までに人を身体や時間から解放し、AIと共存する社会を作る」【ムーンショット型研究開発制度】

 昨今話題となることが多いAI技術やVR空間関連の技術ですが、2020年1月23日に内閣府が「ムーンショット型研究開発制度」を発表し、総合的な科学技術の発展推進の目標を示しました。  今回の記事ではその「ムーンショット型…

全文を読む

人体実験が必要なくなる?培養臓器で作る「生体機能チップ」

 人造人間やフランケンシュタインと聞くとSF(サイエンスフィクション)の世界のようですが、どうやらもはやフィクションではなくなりつつあるようです。「培養された脳と機械の脳」という記事で紹介した”3次元的に培養された脳”の…

全文を読む