世界5分前仮説:原因と結果の認知論

世界5分前仮説:原因と結果の認知論

 世界はいつ出来たのでしょう。宇宙の誕生を”物理的な世界”の始まりだとするなら光学的な観測によって138億年前であると推定されています。世界は自分の内側にあるという概念的な世界もありますが、それならばアルバムの写真や母子手帳や住民票などからその”内側の世界”の始まりが何年前だったかわかります。

 世界の始まりとする光学的観測や住民票の存在と今現在のあなたの存在との関係とは何でしょう。過去に起こったという記録と今現在起きている現象の間には論理的な整合性はあってもそれは記憶から得られた因果律でしかありません。

 原因と結果という当たり前とも思える認識に疑問を投げかけてくれるのが「世界5分前仮説」です。ちょっと難しく表現してしまったかもしれませんが、これからできるだけわかりやすくお話ししてみたいと思います。

目次
・世界5分前仮説とは創造論:世界は神が作ったのか「世界5分前仮説」は科学的に無価値仮説と反証可能性

世界5分前仮説とは

世界5分前仮説とは

 イギリスの哲学者バートランド・ラッセルは言いました。

世界は5分前に始まったのかもしれない

 いやいや、賢い人だか偉い人だかが言ったか知りませんが、いくらなんでも無理のある話ですよ。だって私は今日の朝ごはんや昨日の晩御飯のことだって覚えてる。

そう、その記憶もまた5分前に作られたものなのだ。

 そんなこと言われちゃおしまいよ。なにも言い返せない。お話になりませんね。と言いたいところですが、私たちの知る限り恐竜の化石星々の輝き昨日のテレビの録画読みかけの本などなど記憶だけでなく記録として5分以上前のものは確実に存在しているように思えます。

 しかし、ラッセルは化石やテレビの録画ですら”5分前にそのように作られたにすぎない”と言います。つまり、過去というものがあるかのように5分前に全てが作られたと言うのです。

 受験勉強で得た(忘れかけの)知識や、苦労して覚えた仕事の内容、子供の頃の写真が入ったアルバムや昨晩作り置きした冷蔵庫のお惣菜まで、5分前に”そのように作られたもの”だというのが「世界5分前仮説」の前提です。

 この前提は否定のしようがありません。科学的観測によって得られた結果を証拠として過去の実存を証明しようとしても「それもまた5分前にそのように作られた」と言われてしまい議論は終了です。

 更に言えば、世界創生の瞬間は5分前である必要すらありません。1時間前、1分前、30秒前、1秒前ですら「世界〇〇前仮説」は成立します。

 なんだか掴み所のない話ですが、この「世界5分前仮説」の本質は「昨晩録画予約をした」ということと「今朝録画されている」という原因と結果に対して、(世界は5分前に創造されたのだから)時系列の異なる現象倫理的な必然性(録画予約をしたから録画がされている)だけでは説明できないということを指摘したものなのです。


創造論:世界は神が作ったのか

創造論:世界は神が作ったのか

 「世界5分前仮説」というと何だか科学的な話に聞こえてしまいますが、ラッセルによるこの仮説は神学おける創造論から影響を受けたものだと言われています。

 「創造論」とは「この世界は創造主である神が作ったものだ」というものです。世界中にある宗教の経典の中には神による創造の物語が書かれています。そこでは現代の宇宙誕生仮説のような科学的説明が行われるのではなく、創造主の持つ神秘的な力によって世界が作られていく過程が語られます。

 このような創造論は多くの日本人にとってあまり馴染み深いものではないかもしれませんが、世界規模で見れば多くの人がこの創造論を信じています。彼らにとってはヒトやそのほかの動物も創造主が作ったものであるので「進化論」にも否定的です。化石の存在DNAによる進化の枝分かれなど、どんなに科学的な証拠や理論があろうとも「それは神がそのように作られたのだ」という話に帰結します。

 創造論を信じる人々も現代科学を享受する一員であることには変わりありません。神を信じることで科学全体を否定していては今現在の生活全てを否定しかねない社会環境ですから、科学的事実はどうしても受け入れざるを得ません。

 そうすると創造論をはじめとした神による神秘科学的現実乖離が生じます。その乖離に対して無理くりにでも整合性を取るためには”そのようになっている”と言うほかないのです。具体的には「オムファロス仮説」や「ヤングアース仮説」などの神学的世界創造仮説がありますが概ね「世界は神がそのように作られたのだ」という結論です。

 今現在の世界を結果とするのなら、その原因は”創造主による神秘”でしかなくそこに科学的な検証や結果が入る余地はありません。世界5分前仮説の「それは5分前にそのように作られたのだ」と言う構図と全く同じです。


「世界5分前仮説」は科学的に無価値

「世界5分前仮説」は科学的に無価値

 ラッセルによって過去の実存は否定されてしまい、私たちが過去から積み上げてきた知識や技術は”過去から現在”という時間の中で培われてきたということすら不確かなものとなってしまいました。

 しかしだからと言って、「世界5分前仮説」にはこれまでの科学やこれからの科学のあり方を否定するまでの価値はありません。私たちはあくまでも”今”を生きています。”今”観測される物事は全てそのように観測されており、その観測をもとにそれを”事実”として捉えて全く問題ありません

 発掘された化石は放射性炭素年代測定という科学的手法を用いてその化石の生きていた時代を測定しますし、過去の天気や空模様を元に予測される明日(未来)の天気予報の精度は科学技術の発展とともにより正確になっています。ましてや、昨日のテレビの録画なんて実存しないんだなんて言っても何の意味もありません

 過去や未来という概念はドライな言い方をすれば動物の認知能力の中にしかありません。別の言い方をすれば記憶予測と言い換えることもできるでしょう。記憶(記録)や予測は科学の根幹とも言える認知能力であり、ヒトはこの能力が秀でているため科学や技術を発展させることができました。過去が実存したのか、そして未来は実存するのか、なんて話は一般的な科学にとってはナンセンスな議論です。

 そして「世界5分前仮説」では”今この瞬間の実存”は否定できません。たとえ「世界は今この瞬間にできたのだ」と言ったところでやはり「今」は存在するのです。「今」というものが認識できている以上、この世界にある過去の痕跡や未来への予測も今この瞬間を生きている私たちにとって重要なものなのです。

 たとえ世界5分前仮説のように経験や知識が5分前に作られたものであったとしても、今この瞬間に持っている経験や知識を否定するものではありません。逆説的にはなりますが、過去や未来の実在の有無に関わらず今持っている確かなものに自信を持てばいいのです。そう考えると、むしろその経験や知識の価値を強めてくれる気さえします。「今を生きろ」とはよく言ったものですね。


仮説と反証可能性

仮説と反証可能性

 科学的に見える何かを科学たらしめるには科学哲学という分野の基準をある程度満たしている必要があります。科学哲学の条件を必ずしも全て満たしている必要はありませんが、対象となるそれが科学か非科学(疑似科学)かを判断する指標となるものです。

 その基準のひとつに「反証可能性」というものがあります。反証可能性とはある仮説や理論が実験や観察によって間違っていると証明できる可能性のことです。一般的には理解しがたいことかもしれませんが、反証可能性を前提とした科学理論というものは基本的には”間違っているかもしれないということが理論的に検証できなくてはいけない”ものなのです。

 今正しいとされている科学理論も将来的に間違っているかもしれないと言えば感覚的にわかりやすいかもしれません。放射線研究の過去と現在ではその危険性の認識が大きく異なりますが、過去の研究が科学ではなかったのではなく継続的に研究されて反証された結果が今の放射線研究の成果なのです。

 アインシュタインの相対性理論や昨今話題の量子力学の分野も日夜研究が重ねられているのは反証可能性があるからです。反証できるからこそより正確で正しい理論に到達できるというわけですね。

 この点において「世界5分前仮説」は反証可能性を持ちません

 なにせ、化石の存在や炭素年代測定による物理的な観測すらも「そのように5分前に作られた」と返されるだけですから検証のしようがありません。反証のしようがないのです。このためこの「世界5分前仮説」は”仮説”とは言うものの科学ではありません。

 同じように幽霊の存在や神の存在も反証可能性を持っていないため科学の文脈で議論されることはありません。もちろんそれらを科学的に研究しようとする人たちもいますが、その存在を科学的文脈で証明できなければ反証の検証すらできないため非科学とされます。

 暫定的にでも非科学的なものを”存在する”とする人々が”科学的に存在する”と認めさせたい場合、それを否定する人たちに対して証拠を求めてはいけません。それは「悪魔の証明」です。「ある派」と「ない派」が議論をする場合、まず先に証拠を出すべきなのは「ある派」なのです。

 さらに、実のところ私が中心に取り扱っている「ミーム論」もまた反証可能性を持っていません。ですので私はミーム論を科学だとは思っていません。稀にミーム論を”ミーム学”と呼称することもありますが、学問ですらないため私は”ミーム学”という言葉を極力使わないようにしています。

 かと言って、科学でないものには議論する価値もないのかと言えばそれは違います。様々ある思考実験や非科学的な理論、幽霊や神の存在を含めて人類全ての知的活動は全体として価値のあるものだというのが私の提唱する「全体子ミーム論」の本質です。

 一見馬鹿馬鹿しいと思われるような仮説や理論が新しい視点や疑問を投げかけてくれることは多々あると思います。「科学的に正しいことが絶対的に正義である」というような認識は思考停止と変わらないと思うんですよ。

 そんなわけで、今回紹介した「世界5分前仮説」もまた原因と結果の論理的必然性や因果律のあり方を考えさせてくれる良い思考実験だと思っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です